読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作・SHOTNOTEでほぼ日手帳と測量野帳をスキャンしてみる

自作・SHOTNOTEネタもこれで最後となりそうです。

前エントリー(100円で作る『SHOTNOTE』で何でもスキャン)で、カードケースを使って
A4版以下なら、何でもスキャンできる小道具を作りました。

今回はA6版を作ってみました。
なぜ、A6版かというと「ほぼ日手帳」「測量野帳」「モレスキン」に対応できそうだからです。

※マーカー間隔が整えば、定形A4・A5・A6にこだわらなくてもいいです。
私の場合は、 材料が手に入りやすいので定形になってます。

まずはA6版の自作・SHOTNOTEです。
今回はカードケースの中に、自作・SHOTNOTEの上下端を入れてみました。

A6_SHOTNOTE01

これで「ほぼ日手帳」をスキャンしてみます。
(ほぼ日手帳は2010年版:1年前のものです)

ほぼ日手帳のスペースに比べてスキャン範囲が狭いので、注意しないと日付などが切れてしまうのが難点。
ほぼ日手帳に書いた内容をEverNoteなどに取り込みたい時に使えるかも。

A6_SHOTNOTE02_ほぼ日手帳
A6_SHOTNOTE03_ほぼ日手帳


次に「測量野帳」をスキャンして見ます。
1ページ(片側)の幅はA6版自作・SHOTNOTEにピッタリだけど、高さが足りない・・・

A6_SHOTNOTE04_測量野帳
A6_SHOTNOTE05_測量野帳


ページ全体をうまくスキャンするのは難しそう。
それなら、iPhoneアプリDocScanner」を使おっかな・・・