モノの重さをわかりやすく−郵便物 の 重さ は?(その2)

以前のエントリー(モノの重さをわかりやすく−郵便物の重さは?−) で、
A4サイズ コピー用紙が、1枚=約4g と書きました。

A4サイズのコピー用紙だと、10枚〜12枚ぐらいが定形郵便で送れるか、送れないかの境い目として
判断していたのですが、文房具屋に郵便物(封筒)の重さを気軽に計れるグッズを見つけました。

昔ながらの「秤」で、封筒をクリップでつまんで持ち上げれば重さがわかっちゃいます。
机の引き出しにしまっておけるのも便利。デジタル全盛ですが、アナログも捨てがたいです。
なお、計れる重さは100gまでです。

国内郵便(定形郵便物定形外郵便物)の料金表は以下のとおり(平成23年6月現在)

定形郵便物 25g以内 80
定形外郵便物 50g以内 120