読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モレスキンをコピー機でスキャンして華麗にEvernoteに送信する方法

1日のほとんどをPCの前で過ごしていますが、
仕事の内容、思いついたこと、上司の話やら、読んだ本のメモなど
モレスキンに書き留めているわけです。

・・・僕の場合は「測量野帳」に書き留めていますが・・・

Moleskine Plain Notebook Pocket
Moleskine Plain Notebook Pocket
posted with amazlet at 11.10.19
Moleskine
Moleskine
売り上げランキング: 101

そんな、モレスキン測量野帳に書き留めたメモをEverNoteに取り込んでおこう。
そうすれば、会社でも、家でも、外出先;iPhoneでも参照できるようになるわけです。

会社のコピー機;カラー複合機(コピー、プリンター、ファクス、スキャナー) で
モレスキンをスキャンして、それを手間ひまかけないでEvernoteに放り込む方法を
思いついたので紹介します。

まず、モレスキンをスキャンします。EvernoteにはJPEG形式で送るので
スキャニングの設定は、

JPEG形式・フルカラー(白黒でも可)・300dpi(見えればいいという方は200dpiでも可)」と設定。

※手帳という個人情報ですので、保存先はご注意を。
  スキャンで作成されたファイルをメールで送ってくれるコピー機もありますよ!

ここで問題が!
スキャニングするときに「読取サイズ」を指定するのですが、
モレスキンにぴったりなサイズなんてありません。
スタンダードなモレスキンだと広げた状態でA5よりやや小さいぐらい。
なので、私はモレスキンをスキャンするときは「A5サイズ」で読み込ませています。

スキャンで作成されたJPEGでファイルです。
モレスキンのサイズより、読取サイズが大きいので余白があります。

この余白の削除とと向きを自動的に直して、Evernoteに放り込むための
ファイルを手間ひまかけずにさくせする方法を考えます。

モレスキンをスキャン

準備するものは高速・高機能かつ非常に使いやすい、フリーウエアのマルチメディアビューア
IrfanView http://www.irfanview.com/」です。IrfanViewコマンドライン機能を使って
モレスキンをコピー機でスキャンして作成されたJPEGファイルを手間ひまかけずに
Evernote放り込むように加工します。

今回使用する IrfanViewの主なコマンドラインオプションは、次の3つです。

/rotate_l : 画像を左回転します(右回転の場合は末尾を _r )
/crop=(x,y,w,h) : 画像を切り抜きます。
/resize=(75p,75p) : 画像をリサイズします。お好みの大きさに

コマンドラインオプションの詳細は、こちらで確認してください。

まずは、画像を切り出す位置と大きさ、スキャンして作成されたJPEGファイルの
画像サイズを確認します。IrfanView で スキャンして作成されたJPEGファイルを
開きます。

左下に画像の大きさが表示されています。
画像を切り出す位置と大きさは、切り出したい位置を大まかに選択すると
ウィンドウのタイトルバーのところに表示されます。

モレスキンをスキャン

この情報を元にIrfanView のコマンドラインオプションを設定します。

私がJPEG形式・フルカラー・300dpi・A5サイズ」スキャンして場合の設定は、

左回転が必要で、画像の大きさ・切り出し位置は上の画像のとおりだったので、

モレスキンを切り抜くバッチファイル
@echo off
"C:\Program Files\IrfanView\i_view32.exe" %1 /rotate_l /crop=(340,15,2150,1625)
/resize=(75p,75p) /jpgq=100
/convert=C:\Documents and Settings\All Users\デスクトップ\temp.jpg

としました。この設定はスキャンするときの設定で変わるので試行錯誤してください。

「/convert = C:\・・・」で指定しているのは切り出したファイルの保存先とファイル名です。
お好みにあわせて変更してください。

そして、これをモレスキンを切り抜くバッチファイル.bat」として保存します。
(※バッチファイルがはじめてのエクスペリエンスという方は、こちらのページなどで調べてください)

スキャンして作成されたJPEGファイルを
モレスキンを切り抜くバッチファイル.bat」にドラッグしてやれば、
自動的に切り出された、Evernote放り込み用のJPEGができます。

モレスキンをスキャン

新しくできたEvernote放り込み用のJPEGファイルをメールで送信するもよし、
クライアントで貼りつけてもよしです。

モレスキンをスキャン

この方法を応用すれば、名刺なんかもコピー機でスキャンして簡単に切り出せるはず・・・