Posteverでライフログをつけてみる−その1

PostEver - 1日分のメモが1つのEvernoteノートに
カテゴリ: 仕事効率化
価格: \170App
販売業者 : Atech inc.

突然、こういうことを申し上げるのもなんですが、
私はだいたい日記、というものはあまり好きではないのです。

好きじゃないというよりも、嫌いであるといったほうがいいです。

そんな、私がPosteverでライフログ・・・そんな大それたことではないのですが、
1日の行動パターンを記録してみたいと思います。

Posteverなら1日分の記録(ライフログ)が1つのノートになるので見返すのも便利です。

つまり、
朝起きた、朝食食べた、家を出た、電車に乗った、電車を降りた、会社についた、仕事した・・・
といった具合に記録するわけです。なんとなくぼんやり過ごしている日々を
すこしだけ記録しておくのです。 

記録する内容・方法は次のページがビシッと書いてくれているので参考にしました。

PostEverでライフログ~おさえておきたい6つのポイント~

「何」を残すのか

  1. 睡眠と飲食
  2. 自分の行動と状況
  3. 思ったこと、考えたこと
  4. イベント ニュースなど

 「どのように」残すのか

  1.  その時の興奮や雰囲気がよみがえるようなメモの残し方をする
  2.  3ヶ月たってもなんのことだか分かるように書く
  3.  固有名詞を盛り込むこと
  4.  「Why」と「How」を意識して書く
  5.  ふとした時に記録する
人生は1冊のノートにまとめなさい
・・・その昔、挑戦したけど、結局ノートを持ち歩けなくて断念したっけ。
iPhoneならそんなことはないはず!

とりあえずは、ハッと気がついたら送ってみる。 まずはそれだけ。

これをやっておけば、突然、玄関の前に刑事(デカ)が表れて、

「昨日の昼頃、何をしてた?」なんて聞かれても、

明確かつ明瞭に「昨日の昼メシはマグロ丼であります!」と言えるのではないか。
そうすれば、刑事(デカ)はにわかにおよび腰になり、

「まっ、こいつじゃなさそうだな、そうだよな、
こいつが犯人なんてバカなことがあるわけないじゃないの」

なんて、言葉尻がオネエ言葉になりながら退散するかもしれないな
なんて妄想がふくらむわけです。

IMG_1535.JPG

気がついたら送る。そうすれば、自動かつオートメーションで1つのノートに
記録が残っていくわけです。

 PostEver(88).jpg

Posteverでつくられるノートは、途中からEvernoteクライアント・Webから編集しても
Posteverからの投稿には支障はないので、会社にいるときはパソコンでメモしていくことも可能。

なので、仕事でパソコンに向かっているときは、
Evernoteクライアント・Webからメモしていきます。

仕事中は紙にもメモするので、これを、もう帰るよ!という 段階になったら、
スキャンして、Evernoteに突っ込んでしまいましょう。

こうすれば、ライフログがずいぶんと充実してきます!

参考:モレスキンをコピー機でスキャンして華麗にEvernoteに送信する方法

PostEver(12)jpg.png