URLはただの英数字の羅列に必要なのは天然色Webだ!

evernote_to_Web.jpg

ここ数日、Evrenoteに突っ込んだ、放り込んだWebクリップを棚卸してみました。

Webクリップとして、約800近くあったノートのうちTwitterなどから送られた
いわゆるページの題名とURLだけのノートが相当数あって、
いささか愕然としてくるのを禁じえないのです。

なぜ?

ページの題名とURLだけというのは、あらためて申し上げるまでもなく
文字、そして文字、あれも文字・・・URLにいたってはただの英数字の羅列。
そこからは、ページの題名から内容について、ひとつふたつ、みっつと
推測するしかなく、これはワトソンくんも唸ってしまうものなのです。

まあ、サッサとクリックして内容を確認すればいいのですが、
開いたページを見て「ハハーン」とか「ムゥー」などと自己完結型唸り声だして、
再び「×」を押してしまおうものなら、年末大掃除の頃には、またまたクリックする
はめに陥るにちがいないなどと考えるわけです。

 Webクリップとして、約800近くあったノートなかには、Webページ全体をクリップしている
ものもあります。そのクリップはEvernoteの中に放り込まれたときに情報として
完結した、一人前なわけです。URLみたいなただの英数字羅列の無味乾燥情報ではないのです。

ということで、気軽にドバドバとEvernoteに放り込んでいる情報を
極力、なるべく、なんとなく、Webページ全体をクリップしていこうと思います。

Webページ全体のクリップを作成するためには、
ブラウザのアドインを利用(FireFox用, Chrome用のアドインを利用)します。

iPhoneSafariの場合は、公式のブックマークレットが使いづらいときてるので、

iPhoneでもブックマークレットを使って、より良いWebクリップをEvernoteに保存しよう! | matuダイアリー
からブックマークレットを登録させてもらいました。

このブックマークレットは、Instapaper’s Mobilizerを通してからクリップしているので
余計な広告とかが消されて非常に良い感じです。

左がiPhoneSafariで普通に開いたとき、右がInstapaper’s Mobilizerを通したものです。
Instapaper’s Mobilizerを通せば、最低限の書式が保持されているのみで軽いデータになり、
読みやすい状態になります。

今後はなるべく、Webページ全体をクリッピングしてからEvernote
放りこんでいこうと思います。

EVERNOTE 基本ワザ&便利ワザ
小山安博
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 21710