読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子炉格納容器の中にもコンクリート充てんされている?

東電:福島第一原発1号機で溶けた燃料、格納容器底部を65センチ浸食 - Bloomberg

東京電力は30日、福島第一原子力発電所の事故で溶けた燃料は、最も損傷の激しかった1号機で、
原子炉格納容器の底部の厚さ1.02メートルあるコンクリートを最大65センチ溶かしているとの
分析結果を発表した。
浸食は格納容器を覆う鋼板には達せず、溶けた燃料は格納容器内に留まっていると評価した。

原子炉格納容器の中にもコンクリートが充てんされているとは気づかなかった。
今までニュースを見たり、読んだりしていても気づかなかった。 

原子炉格納容器の中にも約1mのコンクリートがあって、外側下部に約6mのコンクリート
あるんだから、核燃料が岩盤まで達していることはないでしょう。そう願いたい。

原子炉格納容器の中にコンクリートを打設するのも一苦労だと思うけど、
原子炉を廃炉する過程で、1基当たり約20万立方メートルのコンクリートをどうやって処分するか・・・

111130_原子炉断面図.jpg

原発配筋状況.jpg